がん保険と給付の規定

がん保険と特定保障

トップ >> がん保険と給付の規定

公的保険と民間保険の情報

がん保険がもつ違いとは

がん保険は、通常の医療保障とどのような点で違いをもっているのでしょうか。まず最初に挙げられるのは、診断を受けた時点で給付金が出るという点ですね。治療にかかる費用を考えると、これは嬉しいメリットです。通常なら、入院してから何日間が経過しないと給付が開始されないといった規定が設けられていることが多いですからね。がん保険は特定の病気のみを保障するものですので、掛金が安く抑えられることも利点といえるでしょう。

Copyright 公的医療保険と民間の違い All rights reserved.