公的医療保険の保障内容

医療保険の担う役割

トップ >> 公的医療保険の保障内容

公的保険と民間保険の情報

民間医療保険に求めるものは何か

公的医療保険制度で医療の保障を受けられるなら、なぜ、民間の医療保険に加入する人は増えているのでしょうか?時代は、高齢化が進み医療費の負担や、介護にも費用がかかるようになって来ました。公的なものでは、これらの保障が十分にできないということがいわれていて、あくまで最低限の保障のみとなっています。公的保障で補えない部分を民間の商品で補うという加入の仕方が多いようです。過剰な保障は必要ありませんが、足りない部分は積極的に加入を検討してもいいのではないのでしょうか。老後に備えるために利用する人も増えています。

トータルで考えるということ

保険にはいろいろな種類のものがあります。個人年金や学資、医療などがあり、それぞれ機能も異なりますが、保障内容が一部重複しているところもあり、機能が不十分な場合には、特約として付帯することができます。多くのものに加入しているから安心という考え方の方もいるとは思いますが、無駄なく漏れることなく必要な保障があるのが、理想的といえるでしょう。何が一番必要で大切か優先順位をつけて、保障額もどれくらい必要なのか全体をトータル的に判断しましょう。そういう意味では、一番に考えるべきなのは、生命保険と言えるでしょう。特に結婚し家族の生活保障を考えるときには必要です。

Copyright 公的医療保険と民間の違い All rights reserved.