保険を種類別に考える

家族や仕事で選ぶ保険

トップ >> 保険を種類別に考える

公的保険と民間保険の情報

結婚したら生命保険に加入する

未加入の人もすでに加入している人も、結婚したら生命保険を一番に考える必要あるでしょうが。自分が病気やケガをした時の医療保険も大切ですが、万一の時に遺された家族の生活保障を考えた方がいいでしょう。一般的な生命保険といった場合に、終身、定期、養老などの死亡保障があるもののことを指します。終身では、一生涯の死亡保障。200~500万円が一般的。定期は、一定期間の自暴保障。数千万円が一般的。養老は、死亡保障と生存保険金。数百万~数千万円が一般的といわれています。特約としていずれかに違う保障を付加することもできます。

医療を特約として付ける方法

もともと医療保険は、生命保険の特約的な扱いでしたが、現在では書品の自由化が進み、がん治療に特化した商品も販売されています。日本人のガンでの死亡率が3人に1人とかなり増えていることもあり、加入者は年々増加しています。また、女性特有の疾病に備える商品も加入者が多く、注目を集めています。それに加え、高齢化が進む現状の中「個人年金」にも注目が集まり、将来公的なものでは不足する分を予め個人で用意しておくことで、将来に備える人が増えています。若い内から準備しておけば、老後は少し安心かもしれません。不況が続く今、将来確実に決まった額が受け取れる定額型が人気です。

Copyright 公的医療保険と民間の違い All rights reserved.