学資を積み立てる保険

貯蓄型と保障型の保険

トップ >> 学資を積み立てる保険

公的保険と民間保険の情報

学資保険の保障内容について

学資保険は、子どもの教育資金を積み立てるためのものです。貯蓄としてのものだけではなく、契約者である親が亡くなった場合に、以降の保険料支払いが免除され、満期には保険金の受け取りができます。また、契約者が死亡した際の、死亡保障となる養育する年金、育英年金があります。近年では、保障はシンプルですが、満期の時に受け取れるタイプか、途中で祝い金を受け取れる貯蓄型が人気です。子どもの成長に合わせてお祝い金を受け取れるのが理由でしょう。教育資金が確に貯められて、子どもの入院や手術の際に給付金が出る。掛け捨てではないのも魅力です。

高額医療に備えておく

高額な医療費が必要になった時の備えは万全でしょうか?長期入院や高額な治療が必要になることもあるかもしれません。現在では、医療技術の進歩によって1回の入院における入院日数は短くなってきてはいますが、病状などにより長期になることもあるでしょう。入院費は、基本的に健康保険の対象となりますが、差額ベッド代などは、全額負担しなければ成りません。1日の平均が6,000円といわれてますから、数ヶ月に及ぶ入院となるとかなりの金額になります。医療保険で、入院支払限度日数を長期にしていると、その期間内では、給付金を受け取る事ができます。

Copyright 公的医療保険と民間の違い All rights reserved.